スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのヒロイズム


アメリカ人にとって、原爆の投下によって日本の多数の市民が死んだことは、知識として理解しているとは思います。
そう、実際に人が死んだのです。物語ではなく。

しかし、アメリカ人にとって、原爆の投下によって戦争を終結させることができたことは事実です。勝利したのです。
そう、実際にヒーローになったのです。物語ではなく。

アメリカ人にとって、第二次大戦で「悪の帝国」を打ち破り、勝利したことは、日本人の想像をはるかに超える強烈な喜びをもたらしていたのだと思います。

まだ若かったアメリカという国家の性格を方向づけ、国民性を決定づけるほどの。

※    ※    ※

アメリカのヒーローものの映画のラストシーンは、日本の映画にはほとんどみられない、お決まりのシーンがあります。
それは、市民が大勢集まり主人公の活躍を賞賛するシーンです。
優勝パレードだったり、叙勲式だったりします。

アメリカ人の心の中には、第二次世界大戦で勝利したときの凱旋パレードの国家的熱狂が原体験として刻み込まれているのではないかと思っています。

アメリカの戦勝パレード

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。