スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの誇り


おそらく、アメリカは戦争を終わらせたことに この上ない誇りを持っているのです。

彼らに言わせれば、平和を作り出したということに。

侵略戦争の愚かさを日本に知らしめたと、思っているでしょう。
その後、日本はアメリカの統治下で戦争を放棄する憲法を持ち、建前上は軍隊も持たず、唯一の被爆国としてこの上なく強く平和を希求する国になりました。

周辺アジアへ諸国への侵略を繰り返していた軍国主義国家は、180度方向転換し、平和で民主的な国家となったのです。
経済復興にも成功し、一気にGNP世界第2位まで躍り出ました。

かつての敵も、いまや、経済的にも軍事的にもよくいうことの聞いてくれる信頼のおける盟友国です。

多くの兵士、市民の愛国的な犠牲と、敵から逃れてきた天才科学者の理論で作り上げた未来的な兵器によって、軍国主義的な国家中枢を見事に降伏させることで、国民がロボットのように洗脳され、カミカゼ人間兵器にされたり、総ハラキリをさせられかねなかった状況から解放し、真の自由と平和と繁栄をこの国にもたらしたと感じていることでしょう。

まるで、よくできた映画のように何もかもうまくいった喜びをアメリカは日本に対し感じていると思います。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。