スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの原爆投下に対する考え方

アメリカ人に「広島・長崎原爆投下」について聞いた最新の世論調査によれば、「正しかった」と答えたアメリカ人は61%、「間違いだった」は22%、「分からない」「答えない」が16%となっている(クイニピアック大学が09年8月に実施した世論調査より)
さらに詳しく見てみると、55歳以上のアメリカ人で「正しかった」と答えたものはなんと73%。35歳から54歳までは60%、18歳から34歳は、50%と年齢が若くなるととともに原爆投下についての正当性は揺らいでくるのだが、まだまだ正当論者が幅を利かしている。
(産経ニュースのサイトより)


日本人にとっては、この数字はにわかには信じられない数字です。
なぜ、アメリカではあんなにも残酷で恐ろしい無差別大量殺戮をこんなにも大勢の人が肯定できるのか、と。

そこには、まったく理解しがたい溝があると感じます。
しかも、戦争直後の話ではなく、2009年の時点での調査結果ですからなおさらです。

これは、アメリカ人の感性の問題なのでしょうか?
それとも、文化や文明の問題なのでしょうか?
それとも、人間という種の問題なのでしょうか?

最近、この理由が見えてきたように思うのです。
その理由とは・・・。

※このカテゴリ「アメリカによる原爆投下 (18) 」は、2011年頃に書いたものを移植したものです。

スポンサーサイト

アポロ月面着陸が偉大な成功の象徴であるように


大方のアメリカ人の歴史観の中では、アポロ月面着陸が偉大な成功の象徴であるように、原爆の投下が偉大な勝利の象徴となっているのではないかと思うのです。

ネバダ州ラスベガスにある核実験博物館の売店のお土産として原爆のキノコ雲のポスターが、月面着陸のポスターと並べて売られているのをTVで観ました。そこでは、核爆発の閃光、轟音、強風を模擬体験できるミニシアターもあります。
リトルボーイとファットマンのアクセサリーも売られています。

彼等にとって、原爆投下という出来事は、恐ろしい出来事ではなく、独裁国家や軍事国家によって始められた世界的な戦争の拡大を ビシッと止めた正義の行為らしいのです。

おそらく、アメリカ人の気持ちの底に流れているのは、正義のヒーローとして「悪の帝国」を完膚なきまでにやっつけたという自負と誇りなのでしょう。

この行為によって、第二次世界大戦が収束し、世界に平和がもたらされたと、彼らは考えているのです。

禍々しく、忌まわしい兵器


アメリカ人が原爆投下に伴ってまず想起するものとは、アクション映画のクライマックスシーンに近い快感なのではないかと思うのです。

彼らは、むしろ原爆が好きなのではないかと思います。
(おおっぴらに言わないだけで)

littleboy
fatman

日本人にとって、原爆の写真は禍々しく、忌まわしいものに映ります。
しかし、アメリカ人にとっては---。

突然ですが、あなたは「宇宙戦艦ヤマト」は好きですか?
「波動砲」の発射シーンにわくわくしませんでしたか?

例えば、宇宙戦艦ヤマトが、敵に追い詰められたギリギリの窮地の中、味方の隊員達が身を犠牲にすることで「波動砲」の発射が可能になり、敵に壊滅的な打撃を与えて大逆転するシーン。

あなたは「波動砲」が好きではありませんか?

武器への自己投影

別に波動砲でなくてもいいんです。
それが、スペシウム光線でもかめはめ波でも。

男の子好きなアニメで、新兵器や必殺技の出てこない作品はありません。たとえば、ガンダムやエヴァなどは存在そのものが革命的なテクノロジーを応用した新兵器です。

主人公が最強の武器(または必殺技)を手にし、それを使って、強敵を倒すというのが男の子の好きなコミックやアニメの典型的なストーリーです。

※    ※    ※

小さな男の子は、水鉄砲から始まる何丁ものピストルを大好きなおもちゃとして育つものです。

かつての日本では、刀が武士の魂とされたものです。

ニンゲンという種の男性は、自らの力を拡大させ、優位をもたらす武器というものが大好きなのです。これは本能なのです。

より強力な武器への欲望


「宇宙戦艦ヤマト」の「波動砲」は架空の武器です。
しかし、第二次世界大戦時に、モデルとなった戦艦大和は実在しました。

アメリカが、原子爆弾を開発していた頃、日本は、46センチ主砲3基を備えた史上最大の戦艦、大和を造ったのです。

片や最強の爆弾を造り、片や最強の戦艦を造っていたという訳です。
どちらも勝つための新兵器を欲していたのです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。