スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮の「準戦時状態」の拡大と隠れたポイント

これまでになく南北の緊張が高まっています。

今回は、砲撃戦がさらに拡大し、短距離ミサイルも発射されるかも知れません。戦争ぎりぎりの際どいところまでいくのではないかと思います。

北朝鮮は、非武装地帯(DMZ)で、韓国軍兵士2人が地雷で重傷を負う事件(8月4日)をきっかけとして韓国側が再開した非難放送と、韓国軍の砲撃への応酬として、前線地帯に「準戦時状態」を宣言しました(8月21日)。

この出来事の隠れているポイントは、北朝鮮が、どうしても韓国軍とアメリカ軍の年次合同軍事演習をやめさせたいということです。
war1.jpg
この米韓合同軍事演習は「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」と呼ばれ、今年も8月から実施されています。昨年の合同軍事演習では、初めて実戦で「機先を制する越境攻撃」を想定したものになっており、韓国に対する長射程砲攻撃に対応した訓練になっています。
この先制攻撃訓練は、2013年にコンピューターなどを利用したウォーゲーム形式で開始されており、その際に韓国軍の関係者は、「1時間に1万発を発射できる北の長射程砲は南北間の最も脅威的な非対称戦力」とし「有事の際、北が長射程砲を発射する前、これを無力化するための計画を昨年から立て、これに基づき最近訓練を実施した」と述べたそうです。

それまで、北朝鮮はとんでもない数の長射程砲を韓国に向けていることで、軍事的な優位に立っていたわけですが、これを無力化するための訓練が毎年着実に実施されていることで北朝鮮は焦りを感じているのです。

北朝鮮がどれだけ危険な国か示すための軍事行動をここらで一発、起こしたかったのでしょう。
「準戦時状態」を宣言することは、予定のうちだったに違いありません。
そのきっかけづくりが、8月4日の地雷事件です。

そもそも、非武装地帯(DMZ)で北朝鮮軍兵士が視線が合ったなどの理由で発砲するなどの行為はこれまでに突発的にあったものの、地雷を埋めるというのは計画的な行為です。誰が行ったかわからない点も重要です(今後の軍事発展の際に責任を回避できるという点で)。動機もなく、処罰されるかも知れないのに、一兵士が地雷を埋める訳がありません。

今後、砲撃やミサイル発射による威嚇は続くと思います。少しずつ少しずつ拡大させていくことでしょう。
本格的に反撃されないほどに。アメリカ軍が本気で軍事行動を開始するすれすれまで。
北朝鮮は触れてはいけない国だと、周囲が認識するまで。

ちなみに、前回、1993年2月に「準戦時状態」を宣言した際には、3月に核拡散防止条約からの脱退を一方的に宣言し、5月には中距離弾道ミサイル「ノドン」を日本海に向けて初めて発射しています。あらかじめ脅威を与えるための準備がされていることがわかります。

世界で、和平の声が高まってくれば、つまり喧嘩の前段階の襟ぐりのつかみ合いを周囲が止めに入ったところで、ようやく、「よっしゃ、許したろうか」と事を収める(もちろん、本気で殴りあうつもりはない)ことになるのでしょう。

スポンサーサイト

瀬戸際外交とは

某独裁国の外交政策や内政政策はわからない、という人が多い。
確かに、不可解で一貫性がないように見える。

でも、実はとてもわかりやすい首尾一貫した方向性があると思っている。
彼らの目的はただ一つ。

それは「時間稼ぎ」だ。

彼らが恐れているのは、他国による空爆をされること、他国に特殊部隊や暗殺者を送り込まれること、内乱が起きて独裁体制が崩れること、の三つだけといっても過言ではない。これらを避けるためだけに、国を動かしているに過ぎない。

自分の人生を無事に終えるまで、この三つが起こらないように年単位で「時間稼ぎ」をしているのだ。

例えば、日本人を拉致した事実を認めているのに彼らを帰さないのは、首都に彼らを住まわせていることを日本にリークして、首都を空爆させないようにしているという理由が最大のものだと思う。人間の盾の役割を持たせているということだ。また、日本に対して、拉致被害者の状況を調査する約束をしておきながら、回答をいつまでも引き伸ばして返さないのは、交渉中の状況を維持することによって、仮にアメリカとの関係が危機的な状況になり、空爆などの強硬手段を取ろうとしたときでも、日本が反対する立場をとってくれるからだ。

そう、交渉中でこちらにボールがあれば、相手が殴りかかってくることはない。

「時間稼ぎ」をしている間に、自国の核兵器を実用化することも大きな狙いだ。
核兵器さえ実用化できれば、外国から干渉されたり、侵略されたりする心配がなくなる。
核兵器を持っていることは、暗に誇示しないといけないし、ミサイルを打てるということも、見せておかないといけない。
ただし、急に明言してしまうと、逆に攻撃されるリスクが高まるので、少しずつ既成事実としていく。

この修羅の国で、幹部として生まれた幸運な立場を守り抜くために「時間稼ぎ」をし、生存競争を終えること。それが、すべて。

そのための内政政策は、仮想敵国を作り、戦争が近いという引き締め理由を作る。そのことにより、国民の怒りや敵対心を自分たちをではなく、国外に向けさせること。

そのための外交政策は、力のある国に「何もさせない」こと。交渉は、すべからく、友好的な態度で開始しながら、相手の失敗をあげつらい、だんだんと距離を置き、ぎりぎりの瀬戸際で振り向いて、何らかの可能性があるように振舞うこと。さらに、思いがけないことをして、できるだけ強い関心を引いたあと、期待をもたせる別な交渉を提案をしたり、担当者を入れ替えたりして新たな「時間稼ぎ」をすること。

わかってしまえば、こんなに首尾一貫した手の読みやすい政策はない。
つまり、彼らの交渉の目的は「いつまでも問題を解決させない」ということなのだ。

アメリカの原爆投下に対する考え方

アメリカ人に「広島・長崎原爆投下」について聞いた最新の世論調査によれば、「正しかった」と答えたアメリカ人は61%、「間違いだった」は22%、「分からない」「答えない」が16%となっている(クイニピアック大学が09年8月に実施した世論調査より)
さらに詳しく見てみると、55歳以上のアメリカ人で「正しかった」と答えたものはなんと73%。35歳から54歳までは60%、18歳から34歳は、50%と年齢が若くなるととともに原爆投下についての正当性は揺らいでくるのだが、まだまだ正当論者が幅を利かしている。
(産経ニュースのサイトより)


日本人にとっては、この数字はにわかには信じられない数字です。
なぜ、アメリカではあんなにも残酷で恐ろしい無差別大量殺戮をこんなにも大勢の人が肯定できるのか、と。

そこには、まったく理解しがたい溝があると感じます。
しかも、戦争直後の話ではなく、2009年の時点での調査結果ですからなおさらです。

これは、アメリカ人の感性の問題なのでしょうか?
それとも、文化や文明の問題なのでしょうか?
それとも、人間という種の問題なのでしょうか?

最近、この理由が見えてきたように思うのです。
その理由とは・・・。

※このカテゴリ「アメリカによる原爆投下 (18) 」は、2011年頃に書いたものを移植したものです。

アポロ月面着陸が偉大な成功の象徴であるように


大方のアメリカ人の歴史観の中では、アポロ月面着陸が偉大な成功の象徴であるように、原爆の投下が偉大な勝利の象徴となっているのではないかと思うのです。

ネバダ州ラスベガスにある核実験博物館の売店のお土産として原爆のキノコ雲のポスターが、月面着陸のポスターと並べて売られているのをTVで観ました。そこでは、核爆発の閃光、轟音、強風を模擬体験できるミニシアターもあります。
リトルボーイとファットマンのアクセサリーも売られています。

彼等にとって、原爆投下という出来事は、恐ろしい出来事ではなく、独裁国家や軍事国家によって始められた世界的な戦争の拡大を ビシッと止めた正義の行為らしいのです。

おそらく、アメリカ人の気持ちの底に流れているのは、正義のヒーローとして「悪の帝国」を完膚なきまでにやっつけたという自負と誇りなのでしょう。

この行為によって、第二次世界大戦が収束し、世界に平和がもたらされたと、彼らは考えているのです。

禍々しく、忌まわしい兵器


アメリカ人が原爆投下に伴ってまず想起するものとは、アクション映画のクライマックスシーンに近い快感なのではないかと思うのです。

彼らは、むしろ原爆が好きなのではないかと思います。
(おおっぴらに言わないだけで)

littleboy
fatman

日本人にとって、原爆の写真は禍々しく、忌まわしいものに映ります。
しかし、アメリカ人にとっては---。

突然ですが、あなたは「宇宙戦艦ヤマト」は好きですか?
「波動砲」の発射シーンにわくわくしませんでしたか?

例えば、宇宙戦艦ヤマトが、敵に追い詰められたギリギリの窮地の中、味方の隊員達が身を犠牲にすることで「波動砲」の発射が可能になり、敵に壊滅的な打撃を与えて大逆転するシーン。

あなたは「波動砲」が好きではありませんか?

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。